住宅ローン

住宅ローンを少しでも早く返したいと考えて、ボーナス払いを併用する方もたくさんいます。

住宅

 

効率的にローンを返済するための一つの手段ではありますが、家計に負担をかけすぎて、支払いが難しくなるケースがあります。

 

住宅ローンのボーナス払いがあるのに買い物してしまったり思うようなボーナスが出なかったりすると、お金が足りなくなるためです。

 

ケガや病気など、万が一のトラブルも懸念材料にあがってきます(;´Д`)

 

住宅ローンを返せないとどうなるか、どうやってお金が足りない状況を乗り切るか考えて、マイホームを守りましょう!

 

 

ボーナス併用払いとは?

ボーナス併用払いとは、ボーナスが見込まれる月の返済額を多めにして、早めに住宅ローンを完済するプランです。

 

会社によってボーナスの出方や時期は異なりますが、一人一人にあった返し方を設定できます。

 

年1回まとめてボーナスが出る会社なら年1回、年2回の会社なら2回という具合に、金融機関と相談しながら決めるものです。

 

住宅ローン契約時に一定の条件を決めて、相互が納得したうえで可能な返済スタイルに落とし込みます。

 

年収、ボーナス見込みなど勤続先情報から客観的な視点で決めることで、まとまったお金を借りることができます。

 

ボーナス併用払いを利用することで毎月の返済額を減らすこともできて、少々背伸びした物件取得を検討できます。

 

毎月可能な返済額から逆算した住宅ローン金額より高額融資も期待されます。

 

マイホーム取得は一生に一度あるかないかの大きなイベントゆえに、妥協すると後悔します。

 

将来的なマネープランを考慮する必用はありますが、ボーナス併用払いを使って理想の物件を購入する方が多いのは納得できますね。

 

 

誰にも起こりえるボーナス併用払いの落とし穴

ボーナス併用払いで住宅ローンを組んだときには、しっかりボーナスが出ていても、業績悪化や不況のあおりを受けたら大変です。

 

営業成績がボーナス査定に大きく影響する会社の場合も、毎年の変動幅が大きくなります。

 

ボーナスを出すこと自体が難しくなると、年2回の支給が1回に変わるケースもあります(;^ω^)

 

すぐに住宅ローンの借り換えやプラン変更を検討できれば助かりますが、ボーナスが出てから状況の深刻さに気付いたときには、取り返しがつかなくなります。

 

ボーナス併用払いはあくまで「このままボーナスがもらえる」前提で契約するプランで、思うような支給がなかったときでも支払い義務は生じます。

 

任意で行う繰り上げ返済とは異なるので、勝手な事情で一回休むなどの調整は許されません。

 

会社のボーナス体系が変わらなくても、病気やケガで長期入院した場合はどうでしょう?

 

給与の一定額が会社から支給されたり健康保険制度である程度の収入が保障されたりしても、ボーナス払いまでまかなうのは大変です。

 

通常のローン支払いは数万円でも、ボーナス月は数十万円の請求が来ます。ケガや病気など個人の事情は関係なく、支払い遅延とされると理解しましょう。

 

 

住宅ローンの返済が遅れるとマイホームが危ない?

住宅ローンを滞納すると、担当者から連絡が来ます。

 

滞納期間や初回かどうかによって内容は変わってきますが、保証会社による代位弁済をにおわすケースが多々あります。

 

代位弁済とは

 

保証委託契約をしている保証会社に立て替え払いさせることです。返済が遅れた分だけでなく、住宅ローン残金全てが対象とされます。
代位弁済されると借り主が保証会社に入れ替わって、遅延損害金と受託ローン残高をあわせた金額を一括返済する義務があります。
住宅ローンを滞納してしまうほど家計が苦しい状況なので、請求通り支払うことなどできません。

 

代位弁済された時点で団体信生命保険解約となるため、このタイミングで事故に巻き込まれると、残った家族が苦しみます。

 

支払いできずに一定期間経過すると、競売にかけられます。

 

競売物件は市場価値より低めの評価しか得られないケースが多く、叩き売り状態になります。支払い義務が生じた金額をクリアできるかどうかは無関係です。

 

苦労して手に入れたマイホームが安値で売られて借金だけが残ったら泣ききれません(;´∀`)

 

競売される前に任意売却する方法もありますが、いずれにしてもマイホームはなくなります。

 

一定期間だけの滞納でここまで深刻な状況は考えにくいものですが、最悪のリスクを知っておくと役立ちます。住宅ローンが返せない状況になったら、滞納しなくて良い方法を考えます。

 

一定期間を乗り切ればお金が入ってくる目処があるケースなどならなおさら踏ん張りどころで、近親者に相談しましょう。

 

親の援助や親戚のサポートが難しいとなったら、自分でお金を作るより他ありません。

 

奥さまが働ける状況ならパートの仕事を探したり日雇いアルバイトを検討したり、少しでも家計を助ける努力が必用でしょう。

 

 

カードローンを活用してピンチを乗り切る

奥さまが働いて家計を一時的に助けるにしても、ボーナス払いが予定されている月にお給料が間に合わないケースも想定されます。

 

その場を乗りきれば何とか住宅ローンを継続できるようなら、カードローンを検討できます。夫婦でよく話し合って、カードローン会社に打診しましょう。

 

旦那さまが入院している状況で奥さま主体のカードローンを組む場合、アルバイトやパート収入想定年収から逆算した限度額が設定されます。

 

数十万円でも枠がもらえたら一回分のボーナス払いを借り入れで乗り切ることが出来て、これまで通りにローン契約を継続できます。

 

住宅ローンのボーナス払いを乗り切ったら、コツコツカードローンを返済します。一定の利息はかかりますが自宅を失って路頭に迷うより気が楽で、将来的なライフプランも維持できます。

 

カードローンにはオンラインで申し込みもできるため、周囲の目も気になりません。借り入れ自体を口座振込ですませると店舗に出向くことなく必用なお金が手に入り、そのまま住宅ローンの返済口座に入れたら、使い込む心配もありません。

 

 

申込みのポイント

カードローンにもいろいろな種類があって、アルバイト、パートタイムでも契約できる可能性が高い商品を見極めて申し込みするのがポイントです。

 

申し込みする前にカスタマーセンターに相談するなど実際に相手とコンタクトをとり、審査通過見込みを見極めると安心です。

 

住宅ローンのボーナス払い金額が分かっている場合は、やや余裕を持った金額を希望額に記入しましょう!

 

20万円足りないなら30万円、50万円などと書いておくと、信用情報との兼ね合いで現痔額がある程度制限されても安心です。

 

高過ぎる希望額を入力すると審査にマイナスに響くリスクがあり、身の丈に合った範囲に留めましょう。

 

限度額を一定範囲にセーブすることで、住宅ローン返済分以上の使い込みを防ぎ、家計の安定を目指していきます。

 

住宅ローンの支払いが難しいからカードローンを打診するのは御法度、と言われることもあります。

 

これはあくまで一般論で、シチュエーションによってはカードローンで家族の危機を乗り切ることが出来ると理解しましょう!

 

現実的な返済計画に則って利用する分には、こわいものではありません。住宅ローンの返済が滞ると、あらゆるところに影響が出てきます。

 

滞納が重なって差し押さえとなると、社会的立場も心配です。

 

住宅ローンを払えないことに気付いたらすぐ可能な対処を決めて計画的に行動するのが大人の対応、お金を借りている立場を理解して、どうしたら契約を維持できるか考えてみましょう。