借金の支払いが困ってしまった時

複数からカードローンでキャッシングして借金の支払いが難しくなったとき、どうしたらいいのでしょう?

 

いくら返しても返済に追われている気がして、気分がどんどん滅入ってきます。

 

A社からお金を借りてB社の返済をすませて、B社の枠に余裕ができたのでC社の返済に用立てる、と続けていると、状況が苦しくなる一方です。

 

キャッシングの支払いに困ったときにどうしたらいいのか、解決策を考えてみます。

 

借りてしまったものは仕方がないにしても今後についてしっかり考えないと、多重債務に陥ります。

 

キャッシング頼みの生活から抜けだすためにも、状況を改善する手だてを考えましょう。

 

キャッシングでの借金の多重債務ってどんな状況?

多重債務とは、すでに作ってしまった借金を返済するために借金を繰り返す状態です。

 

元金がなかなか減らないので利息負担がかさんでいって、雪だるま式に借金が増えます。

 

総量規制がはじまって借り入れが制限されるようになってから改善傾向にはありますが、何社ものキャッシングを併用している状態は危険です。

 

キャッシング先が複数になるとどこからいくら借りているのか分かりにくくなって、あといくら返せばいいのか分かりません。

 

深刻な状況にも気付きにくくなって、無意識のうちに家計が悪化していきます。

 

キャッシング無しでは生活できないようだと借り入れが増える一方で、いつまでたっても完済が難しくなります。

 

複数のキャッシングが限度額いっぱいになると、新規契約を検討します。

 

この段階までくると有利な条件で新規契約が難しくなり、町金融や悪質業者からお金を借りる方もいます。

 

通常のキャッシングより高金利だと、さらに家計を圧迫します。とくに悪質な業者と契約してしまうと、執拗な取り立ても不安です。

 

家族や会社に借り入れの事実を公表されると、社会的な立場も揺らぎます。
キャッシングが身近になって心理的障壁が下がっていることが、多重債務のリスクを高めています。

 

使い過ぎに十分注意して、収入に見合った範囲でおさまるように意識しましょう。

 

金銭感覚が麻痺して借金癖が治らない

キャッシングの支払いが難しくなってしまう理由として、安易な利用があげられます。

 

クレジットカードにしてもカードローンでのキャッシングにしても、借金をしている感覚は薄くなります。

 

自分のお金のようなつもりになって湯水のように使い続けた結果、すぐに限度額に達してしまう方もいます。

 

借金が癖になると抜け出すのが大変で、どこからどうやって借りるかばかりを考えるようになってきます。

 

お金が手に入ったらすぐに使ってしまって、生活を維持する資金が足りなる悩みです。

 

借金をする瞬間は「これで打ち止め」と思っていても、すぐにまたキャッシングでお金を借ります。

 

コンビニや金融機関のATMで簡単にお金を借りることができるため、セーブできなくなっていきます。

 

自分への投資、などの言葉で片付けていても、借り入れがどんどん重なります。

 

ギャンブルやショッピングで好き放題使うようになると歯止めがきかず、借金依存の状態になります。

 

病的な症状にまでなってしまうと、おさまりがつきません。

 

あればあるだけ使ってしまうので返済がなかなか進まず、どんどん増額していきます。

 

最初はドキドキしながら消費者金融に行った方でも、感覚が麻痺すると大変です。

 

公共料金、家賃などの支払いもできなくなると、借金がさらに膨らみます。お金を使う優先順序も分からなくなってくるのが、借金癖のこわい罠です。

 

キャッシングの元金、生活資金の滞納がたまっていくと、返済すべきお金が驚くほどに増えてしまいます。

 

毎月の返済負担も重くなって、支払いが難しくなる悪循環に陥るはずです。

 

滞納が続くとブラックリスト扱いになる

返済がまわらなくなって滞納が続くと、信用情報機関に記録されます。

 

俗に言う「ブラックリスト」扱いになり、クレジットカードやカードローンの契約が難しくなります。

 

ブラックリスト

持っているカードでは対応できなくなっても新規契約できないため、家計はさらに悪化します。

 

ブラックリスト扱いになると一定期間は記録が残ってしまうので、マイカーローンや住宅ローンなどの審査も通りにくくなるでしょう。

 

将来的に大きな買い物をしたいときに苦しむ結果となり、家族の生活にも支障が出ます。

 

返済予定日が過ぎても支払いできない状況だと、キャッシング会社から連絡が来ます。

 

いつ支払いできるか、いくらなら入金できるかなどを聞かれるので、正直に相談しましょう。

 

この時点で多少のお金が残っているようなら、優先的に返済します。

 

電話をとらずに逃げたところで状況は変わらず、返済が遅れた分だけ遅延損害金が発生します。

 

遅延損害金は通常利息より高いパーセンテージとされるのが通常で、総返済額が増えていく一方です。

 

どうしてもお金を用意できないほど借金が膨らむと、債務整理を検討します。

 

債務整理をした事実も信用情報記録として残るため、将来的な影響を免れません。気軽に出来る決断ではないので、本当に返済が難しいのか、よく考えたうえで決めてください。

 

おまとめローンで完済を目指す

多重債務の状況でも内容を整理したうえで返済を進めていけば、着実に借金は減っていきます。

 

新しい借り入れをしないことを前提に、完済を目指す手段を検討しましょう。

 

たとえば、おまとめ用カードローンを活用して、借金を一本化します。

 

おまとめローンにもいろいろな商品がありますが、現在持っているカードの解約が条件になったり他社利用を制限されたりします。

 

せっかく完済したのに新しく借金を作ってしまって、返済が滞ることがないようにするためです。

 

他社利用は難しくても限度額の範囲内なら追加借り入れOKとしているカードローンもあるので、状況に合わせて検討しましょう。

 

おまとめローンを使うとキャッシング状況の棚卸しができるため、返済計画がたてやすくなります。

 

あえて他社利用が出来ない状況に自分を追い込むことで、新しい借り入れも抑制できます。

 

おまとめローンを契約したタイミングで他の会社の借り入れを完済する約束なので、返済以降の離縁損害金がかかりません。

 

支払い期限を伸ばしてもらって何とかお金を工面するより、総返済額が少なくなる見込みがあります。

 

一般的には消費者金融より銀行のカードローンが低金利と言われているので、利息削減効果も期待されます。

 

元々使っていたキャッシングより低金利の商品を意識的に選び、少しでも返済が楽になると理想です。

 

キャッシングの支払いが難しくなってきたタイミングでなるべく早く決断すると、完済が近づきます。

 

延滞が続くとおまとめローン審査にも支障が出るため、一本化したくてもできない状況に陥ります。

 

自転車操業を続けていても、どこかで行き詰まってしまいます。借り入れ頼みの生活を終わらせるべく、戦略的に将来を考えましょう。

 

おまとめローン、と名前がついている商品以外を一本化に活用する方法もありますが、金利や限度額で不利な条件になりがちです。

 

専用商品をまず検討して難しかったら他を検討、という流れをおすすめします。

 

おまとめローンは審査が厳しいと言われることもありますが、状況を整理して相談しましょう。

 

審査に通るため、と状況を隠したところで信用情報機関から気付かれてしまうので、安易な小細工はマイナスに響きます。

 

正直に全てお話したうえで、完済をサポートしてくれるカードローンに決めましょう。

 

すでに使っているカードローンにおまとめ商品があるようなら、限度額を増額してもらって、一本化する方法もあります。

 

どうしたら返済がスムーズに進むかよく考えて、家計の安定を目指しましょう。

 

おまとめローンで今おすすめできるのは東京スター銀行のおまとめローンです。

 

おまとめ専用のローンなので借り換えNGということもないですからね。

 

20歳以上65歳未満の方で、正社員・契約社員で年収200万円以上という条件はありますが、複数の借金を一つにできるいい機会じゃないかと思います。

 

借入利率は年12.5%となっているので、複数ローンがこれ以上の金利で利用しているというかは是非申し込みしてみるといいでしょう。

 

≫東京スター銀行おまとめローンの申し込みはこちら