憧れのマイカー、バイクを手に入れて順風満帆のつもりだったのに、ローンが払えないと大変です。

 

せっかく買った車がとられてしまうリスクはあるのか、仮に車をとられてしまったとしてローンは帳消しになるのかなど、いろいろな心配事が出てきます。

 

自動車ローンを組むなら知っておきたい基礎知識として、サービス内容と滞納した場合のリスクを見ていきます。

 

あわせて、払えない場合にどうしたらいいのか確認して、大事な車を守りましょう。

 

自動車を買うためだけのローン商品

自動車ローンとは、その名の示す通り自動車を買うために契約するローンです。自動車はまとまった金額のお買い物になるため現金一括払いに抵抗を感じる方が多く、ローンを組んで契約します。自動車ローンと一口に言っても大きく分けて2種類あって、以下のような特徴があります。

 

ディーラーローン:販売店のディーラーが貸し手になる自動車ローンで、見に行ったお店でそのまま契約できます。

 

マイカーローン

お店で申し込みをして1時間程度で結果が出る商品もあり、今すぐ自動車を買いたいときに便利です。

 

金利条件はディーラーによって異なりますが、通常の自動車ローンより高金利とされるケースがあります。

 

ローンを完済するまで所有権はディーラーにあり、商品を先に受け取って分割払いしていくイメージです。完済して手続きしたところではじめてマイカーが手に入り、自分の自由に乗り回せます。

 

自分の名義になってはじめて自由に売却できるようになるため、買い替えも解禁されます。

 

銀行などの自動車ローン:金融機関で扱っている自動車ローンは、最初から自分名義とされます。

 

審査に一定の時間がかかる傾向はありますが、まとまったお金を借りて自動車を購入、コツコツローンを返済していく仕組みです。

 

どちらがより優れた商品と言う単純比較はできませんが、馴染み深いシステムは後者でしょう。

 

取引がある銀行に打診すると有利な条件で借り入れできるケースもあり、現金購入は難しい自動車を買うときに検討できます。

 

残価設定ローンの落とし穴を理解しよう

少し変わり種のローン商品として、残価設定ローンがあげられます。

 

○年分ください、のフレーズが耳に残る大手自動車メーカーのCMを想像して頂くと、イメージがわきやすいかと思います。

 

ざっくり言うと、3年や5年と言った指定の期間が経過したら自動車を返す条件で、予想される残価を差し引いた金額のローンを組むシステムです。

 

該当期間が経過した後に残価の支払いをしたら、そのままマイカーを買い取りできます。

 

違う車種を使ってみたいと思ったら、マイカーを返却して次の新車に再契約、新しくローンをスタートします。

 

自動車がなくてもいいと考えるなら、返却して終了という決断もできるでしょう。

 

毎月の支払いが少なくてすむ便利な商品のように感じますが、毎月支払う利息は購入代金まるまるにかかってきます。

 

たとえば300万円の自動車に対してローンを組んだ場合、300万円に対して利息が計算されるということです。

 

買い取り前提でローンを組むなら、金融機関が用意している自動車ローンを検討するほうが、有利になるケースがあります。

 

背伸びした返済プランは危険

自動車ローンを組む際に毎月いくらずつ返すのか、ボーナス払いはどうするか決めますが、背伸びした計画をたててしまうと返済が苦しくなります。

 

支払いが遅れると督促の電話が来て、新しい返済期限を設定するよう説明されます。

 

いつならお金ができるか聞いて、遅れた分をきちんと払ってもらう算段です。

 

この電話を無視していると督促状が郵送されて、再設定した支払い期日が書かれています。

 

すでに延滞期間に入っているため遅延損害金が発生して、当初の支払い金額より高額になっているはずです。

 

それでもお金を払わないで連絡を無視していると、ローンの一括返済を要求されます。

 

一括返済できない場合はマイカーが差し押さえにあうリスクがあり、せっかく買った自動車が没収されてしまいます。

 

没収した自動車を売るかどうかは金融機関の判断次第とされますが、仮に売却してローン残高に満たないと、差し引きした金額の支払い義務が残ります。

 

自動車を取られてしまったうえに借金がゼロにならない、やや理不尽にも感じますが、ローンを払わなかった自分の責任となり、誰も守ってくれません。

 

ローン滞納扱いになるためブラックリストに掲載されるリスクもあって、次に自動車を買うときにローンが通りにくくなってしまいます。

 

ローン支払いを長期延滞した記録は一定期間は残るので、自動車ローン以外の審査にもマイナスです。

 

住宅ローン、クレジットカードなどあらゆるところに支障が出るため、滞納しないで払いましょう。

 

カードローンで支払いを乗り切る

借金を返すための借金は控えるのが鉄則ですが、一定期間をしのげばお金が入ってくる状況が分かっているなら、話は少し変わってきます。

 

たとえば、自動車ローンの支払い日を給料日前にしていて、急な入り用が重なって支払いできないケースはどうでしょう。

 

お給料が入れば支払いができる状況でも、返済日には間に合いません。

 

審査が早いカードローンと契約して一旦ローン支払いにあてて、お給料が出たらすぐ借り入れ分を返済すれば、どこにも迷惑はかかりません。

 

自動車ローンを組んでいる金融機関やディーラーからの評価を維持できて、支払い実績につながります。

 

一回遅れたくらいでブラック扱いされることはないにしても、ずっとおつきあいしている相手に支払いを待ってもらうのは気が引けます。

 

数万円カードローンから借り入れして返済を進めたら事が丸く収まるとしたら、有効な選択とも言えるでしょう。

 

初回数日間の借り入れなら無利息としているカードローン会社もあるため、遅延損害金が発生するより有利です。

 

コストをかけずにつなぎ資金を確保して返済を乗り切るテクニックの一つと考えてください。

 

一般的にはカードローン金利より自動車ローン金利が低いケースが多く、慢性的な自転車操業になるのは危険です。

 

総支払い額が高くなって、さらに返済が苦しくなります。

 

自動車ローンの支払いでカードローンを検討するのは、一時的なつなぎ資金に限ってと考えましょう。

 

どう頑張っても翌月以降も自動車ローンの支払いが苦しい状況が続くようなら、家計の見直しを進めます。

 

奥さまがパートの仕事をはじめたり会社の規定が許す範囲の副業を検討したり、収入を増やす方法があります。

 

食費、レジャー費などを削って家計が安定するようなら、出費を減らす努力も必用でしょう。

 

それでも何ともならないくらい状況が悪化していれば、自動車ローン契約先に相談します。

 

どうやったらしっかり返していけるのか、返済プランの立て直しをおすすめします。

 

地方都市にお住まいだとマイカーが暮らしの一部になっていて、自動車無しの暮らしは考えられないご家族もいます。

 

ローン滞納を続けて自動車がとられてしまうと、ライフスタイルに影響が出ます。

 

新しい車がほしい一心で背伸びした契約をしてしまうケースもありますが、収支がいっぱいいっぱいになる計画は危険です。

 

家計を維持している旦那さまに何かあっても、返済を継続できる算段で契約しましょう。

 

すでにローンを組んでいて契約が苦しいようなら、何とか乗り切るより他ありません。

 

支払いが苦しいからと債務整理を検討する方もいますが、不便な生活を余儀なくされます。

 

何とかお金を用意できるなら返済を進めるのが優先で、ローンを組んだ責任を自覚しましょう。

 

ローン契約は人と人との信頼がベースになって成り立つものです。安易に滞納して信頼を失うことがないように、誠意を持った対応を意識しましょう。